2007年05月31日

8年振りの再会

PC-98ブログを立ち上げたからには、
原点に帰らなければならない。

ということで、実家に置き去りの愛機マルチ((C)To Heart、...ってコレも古いな)に会ってきました。

裏廊下に積まれ、埃まみれになっていたマルチ。
上に積まれた荷物を退けて、埃を払って、セッティング。
緊張気味に電源を投入すると...

「ピボッ」という懐かしい音とともに起動しました。
HDDもカリカリと小気味良い音を立て、設定を読み込んでいきます。
無事完動です!

FilmtnMacro.JPG

FILMTNの設定も残っていました。
これ見ると、当時自分が何やってたか思い出すなぁ...

心配していたFDDも2基とも生きていました。

続いて、箱の中に収納された大量のソフト・FD群の中から目的のものを探す。
ゲームではない。(ゲームは以前ほとんど処分してしまったのだ。)
セーブデータのFDだ。
プレイしたゲームタイトルを完全に補完するため。

ほどなくセーブデータのFDも発見された。
FD4枚に分けて格納されたデータは青春時代の汗と涙の賜物である。
残念ながらデータ自体は読み込めないものもあったが、
幸いディレクトリ構造は4枚とも読み込むことができた。

FD群の中にはソフト販売機TAKERUで購入した音楽集(FM音源)や
ゲームから取り込んだCG、自作のプログラム(クイズゲーム)等々が残っていた。
これらもついでにデータとして取得してきた。


愛機マルチは8年振りの再開にも関わらず、
変わらぬ姿でそこにいた。
今日はマルチを臨戦状態にして帰ってきた。


早速持ち帰ったセーブデータのディレクトリ構成から、
プレイしたゲームリストを更新した。
抜けていたのは「アマランス3」と「ミスティFlash」くらいだった。
他のPC-98レビュアーさんと比べたら、少ないな...


posted by curren at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

パソゲーレヴュワーに100の質問

このブログ、パソゲーレビューメイン、って訳じゃないんですが、
それなりにレビュー的なことも行なう予定なので、
パソゲーレヴュワーに100の質問」に回答したいと思います。

続きを読む
posted by curren at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PC-9801 ゲームリスト

我が青春。
PC98でプレイしたゲームたちです。

とりあえず草稿的に思いつく限り一覧列挙。
特に思い入れのあるものについては、
後日別記事にて紹介します。
(うろ覚えなんで、体験版だけプレイ、ってのもあるかも。)


■PC-9801 通常ゲーム
・ZAVASII - 原作 三遊亭円丈。鬼のような自由度とやり込み要素。
・英雄伝説III - ジュリオとクリスだっけ?
・英雄伝説IV - 老舗RPG。面白かったがラストダンジョンがバグる
・魔導物語A・R・S - アルル・ルルー・サタンでARSなんだよね。
・バイブルマスター - 普通に面白かった
・卒業2 - まさに続編。1とどう違ったっけ?
・POWER DOLLS - ギャルゲーチックだが、ガチ高難易度のシミュレーション
・LUNATIC DOWN2 - これも自由度が売り。
・ブランディッシュ3 - PCでは珍しい、ARPG。
・偽典・女神転生 東京黙示録 - コンシューマからの逆輸入。致命的に操作性・処理速度が破綻してた
・シムアース - 食虫植物が支配しました
・ディスクステーション Vol.5 - コンパイルの雑誌形式ソフト。魔導戦略と、やっぱりなぞぷよ。
・アマランス3 - なんとな〜くしか覚えてない...
・マクロス - シミュレーション。途中で挫折したような記憶が。
・ああっ女神さま - ふつーのアドベンチャーだったかな。


■PC-9801 18禁ゲーム
○アリスソフト
・宇宙快盗ファニーBee - エロゲー初プレイ作品。ライトポップ路線。
・AmbivalenZ 〜二律背反〜 - シリアスなシナリオは今でも印象的。
・DALK - 地下1000階って...
・Rance3 〜リーザス陥落〜 - 常にエンディングは完結じゃないんだよね...
・Rance4 〜教団の遺産〜 - 独自の世界観はエロゲーだけに留めるには勿体無い。
・闘神都市2 - いや〜面白かった
・闘神都市2 そして、それから… - 闘神2の後日談ノベル。闘神3まだ〜?
・ALICEの館3 - にせなぐりまくりたわぁ・哀少女ローラ・クイズ
・学園KING 〜日出彦 学校をつくる〜 - ちょっと悪ノリだった印象が...
・Only You 〜世紀末のジュリエット達〜 - ファンクラブ会員限定。ラスボス倒せなかったのが心残り
・あゆみちゃん物語 - とにかく、お世話になりました。
・夢幻泡影 - PC-9821専用作品。
(以降はWindows)
・DiaboLiQuE - アンビの流れを汲むシリアス系。
・ぱすてるチャイム 〜恋のスキルアップ〜 - なんかアリスっぽくなかったな
・鬼畜王ランス - 配布フリーで現在プレイ中。やり込み要素あり過ぎて社会人にはキツ過ぎ。
・しまいま。 - これも無料DL化だって。太っ腹。最近っぽいアプローチなのか。


○エルフ
・Words Worth - ゲーム性とシナリオ展開がよかった
・シャングリラ2 - 最終マップでユニット足りなくなっちゃった。
・同級生 - 定番中の定番ですね。
・同級生2 - 俺の青春は桜子だった...
・下級生 - なんか絵がイマイチだった記憶が...
・卒業生 - 同級生2ファンディスクに付いてた?
・この世の果てで恋を唄う少女YU-NO - なんとか律を移動するってシステムがめちゃ面白かった
・遺作 - これも、アイテムの利用の仕方・組み合わせ方とか面白かったよね


○フェアリーテール
・バーチャコール -
・ロマンスは剣の輝き - RPG
・亜紀子GOLD - かなり濃厚だった。トイレにいた生徒が学園理事長だったんだっけ...
・沙織 - ここまで来るとヒストリックだな
(Windows)
・同窓会 - 全然印象に無い...


○カクテルソフト
・きゃんきゃんバニープルミエール
・きゃんきゃんバニーエクストラ - 春菜ちゃん可愛かったな
・きゃんきゃんバニーリミテッド 5 1/2 - サワディ様
・Piaキャロットへようこそ!! - ときメモはこれのパクり(笑)
・DOKIDOKIバケーション 〜きらめく季節の中で〜 -
・DORADORAエモーション 〜聖牌伝〜 - 原画さんがバラバラ


○アクティブ
・麻雀幻想曲
・麻雀幻想曲II - この作品もランス的にキャラ引き継いでるんだったよね
・麻雀幻想曲III - 姫様が大活躍。ツモが調整されてて役になり易く気持ちいい。
・学園ボンバー - 絵が妙に可愛らしいんだよな
・くすり指の教科書

○メイビーソフト
・Coming Heart - 普通のAVGだが、妙にほのぼのした

○その他メーカー
・Viper - アニメーションバリバリ。メガストアとケンカしてたよね。
・VG2 - パソコンなのに格ゲー。うちのマシンじゃキツかった。
・はっちゃけあやよさん5 - マウスモーションで2コマアニメするっていう実用機能付き
・Libido7 - 中盤以降からかなり嗜好的になってついていけなかった
・悪夢 〜青い果実の散花〜 - 絵は良かったがかなりキツかった
・SEEK - ムリ。
・天使たちの午後SpecialII -
・SEX - これにもお世話に。女子高生とセレブと変身幼女。
・殻の中の小鳥 - メイドを単一ジャンルに押し上げたのはこの作品だと思う。


■セーブデータは残ってたが、不明のもの
・ミスティFlash - ってあったよね?
・(DEAD_F_T - セーブデータが残ってたけど、何?)
・(HIIRO_T - これもセーブデータ。緋色の何?18系?)
・(NANAKO_R - 奈々子、ってレッドゾーン系?)


と纏めてみたら、
当時ゲームやり狂ってた印象だったが、意外と少ないな...
忘れているだけかな?
posted by curren at 15:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PC-9801 ソフトウェア&ツール

PC98使用時にお世話になったツールたちです。

とりあえず草稿的に思いつく限り列挙。
特に思い入れのあるものについては、
後日別記事にて紹介します。


・FILMNT(フィルメンテ) - ファイラ。私の98ライフを大きく支えた
・LHMTN - 書庫ファイルを展開せずに閲覧。FILMTNの
・(FDのLHMTNみたいなの)
・SED - スクリーンエディタ(30行計画対応)

・MIMPI - MIDI再生ツール
PFDFPD - MIDI音源がなくてもPCM波形合成でMIDIファイルを再生
・レコンポーザ - MIDIシーケンサ
・Ballard - MIDIシーケンサ(ミュージ郎付属)

・GVRS - ごっちゃんVRAMセーバー(画面キャプチャツール)

・Vector フリーソフト大全集 - CD-ROM付き書籍。ネットも普及していない当時、非常にお世話になった。

・Quick Basic - 実行ファイル作成もできるBASIC言語
・Turbo C++ - C言語コンパイラ
・Turbo Assembler - マクロアセンブラ

posted by curren at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

愛機 PC-9821 Ce2 S2D

我が愛しの旧愛機を紹介します。

PC9821Ce2S2D.JPG

PC-9821 Ce2 S2D (98Multi)
CPU: i486SX
周波数: 25MHz
メモリ: 5.6MB
HDD: 170MB (内蔵)
FDD: 2基 (3モード対応(2DD, 2HD(1.25MB, 1.44MB))
CD-ROM: 2倍速 (当然読込のみ)
CRT: 14inch (一体型)
解像度: 640 * 480
色数: 256色
音源: PC-9801-86相当 (FM音源 * 6, PSG音源 * 3, リズム音源 * 6, PCM音源 * 1)
OS: MS-DOS 5.0 A-H, Windows3.1

拡張ハードウェア
MIDI音源: SC-55ST (Roland)
外部スピーカー: ? (Roland ミュージ郎付属)
MIDIインターフェース: MPU-PC98II


購入当時は「マルチメディア」ブームの先駆けで、
このPCも「98Multi」の愛称?で広くアピールされていた最新機種でした。
スペック的には同時期のMateシリーズ(Asなど)より劣りますが、
必要なものがワンセットで販売され(ディスプレイも専用品が付いてくる)、
購入時からその"マルチメディア"が体感できるという
初心者用パソコンでした。
(その分拡張性が犠牲になってるんだけどね...)

同じMultiシリーズでも、
このCe2と、あとCs2ってのがあって、
Cs2はよりハイスペックで、ハイレゾ表示(1024*768)が可能でした。

Ce2でもこのS2Dはフロッピードライブを2基標準装備しているモデルでした。
HDDの普及から、既にこの頃よりFDDの存在意義が低下しており、
S2モデル(FDD1基)の方が主力でしたが、
敢えてこちらを選んで正解!でした。

スペック的には、
DOSで使っている分には全く不自由しないものでした。
(Windows3.1使うとスワップファイルにゴリゴリアクセスするが...)
ただHDDの容量はやっぱり不足して、
必要に応じてプリインストールされてるWindows3.1アンインストールして容量確保してました。

音源についても始めっから86音源が付いており、
当時のサウンドに力を入れているゲームを良い音でプレイすることが可能でした。

更にそれだけでは飽き足らず、MIDI音源も購入。
更に、シリアル接続へのMIDI出力に対応していないゲームもあったので、
MPUボードまで購入。
(MIDI絡みは詳しく別の機会に...)

PC-98ゲームマシンとしてはまさにうってつけのマシンでした。
posted by curren at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ブログ開設にあたり

ほんの10年前。
パソコン市場の趨勢はNEC PC-9801シリーズだった。

CD-ROM標準搭載でマルチメディアを謳ったFM-TOWNS
強力なグラフィック機能でゲーマー機として名高いX68000
などの国産パソコンもあったが、
第一勢力は何と言ってもPC-98で間違いなかった。

豊富なソフト、豊富な情報、
そこに集まる豊富な人々によって、
様々な文化が生まれ、発展していった。


しかし現代。
Windowsの隆盛により、
PC-9801プラットフォームは絶滅した。

そして、かつてあんなに繁栄していた文化の面影は
驚くほど早く消え去ってしまった。
インターネット上にすら殆ど存在しない。


たった 25MHzの演算装置で、
たった 170MBのハードディスクに夢をいっぱい詰め込み、
たった 16色で描かれたヒロインに胸をときめかせたあの頃。

1,024MBのフラッシュメモリが3,000円で買える現代にはないものが
そこにはあった。


自分の中の記憶までもが消え去る前に、
現代のインターネットにその記録を残そう。
16bitの語り部として...



って感じでノスタルジックに書きましたが、
要はオッサンの懐古趣味的ブログです。

なんとなくPC98に関することを思い出したら
その都度記事にしていきます。
"裏VRAM"で検索して該当 件、って有り得ないっしょ?
posted by curren at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする